手前味噌な話[後編]  はじめての自家製味噌は驚くほど美味だった!

自家製味噌 食べ物&飲み物

味噌を仕込んでから8か月近くが過ぎ、世界も、日本も、自分の日常すらも日々大きく変化していく中、仕込んだ大豆は粛々と麹菌に分解されて味噌になっていました。

仕込みから8か月 ドキドキの味噌開き

なるべく涼しいところに置いて、暑いあつい夏を乗り越えた味噌樽。
(樽といってもバケツ型のプラスチック容器ですが)

途中、蓋の隙間から覗くと、カビが見えたのでダメになったのではと心配していました。

カビだらけを想定し樽をベランダに持ち出し、恐る恐る開けてみると…カビは…生えていました。でも思ったほどではありません。良かったー!!!

実は重しを忘れたので、乗せていれば空気が遮断されてカビが生えなかったかも。
麹って本当に強いのですね!

味噌樽を開けてみた!
恐る恐る開いてみました。ぱっと見は食べ物に見えませんね。

上の部分は、振り塩をしているのでカビと一緒に取り除きます。すると下からきれいな味噌が出てきました。良かった~!ほっ。美味しそうな味噌の香りがプンと漂います♪

できあがった味噌
大豆は粗く潰してみたので結構つぶつぶが残っていていい感じです♪つぶつぶもなめらかなペースト状に変化しています。

手前味噌ではありますが、みそ汁は素晴らしく美味しい!

さて、友達から聞いた「自家製味噌のみそ汁の味は全く違う!」を、検証すべく早速みそ汁を作ってみました。普段通りの野菜もりもりの具だくさんで「映え」ないのですが、味は本当に全力で自画自賛できるほど美味しかったです。

複雑で旨味が濃い、味に奥行きがあると言ったらいいでしょうか。
出汁を一切使わなくても旨味があるのにはびっくりでした。

麹のパワーでいま流行りの「腸活」も期待できそうです!

いつも通りの具だくさんで!脈絡なく野菜を入れています。

豆は好みで粗めに潰したのですが、発酵が進んでいたせいか味噌濾しを使わずとも、カケラさえ滑らかでとにかく美味しかったです。

自分を褒めるとき使う「手前味噌」という言葉を、今回”実感”として理解しました。

自分が作った味噌のうまさを、もう自慢せずにいられない!

この言葉があるということは、きっと昔から誰もが、自分の味噌を褒めちぎっていたのでしょうね。いにしえの人と心が通じ合ったような気がしました( ´∀` )

大豆を潰すとき、石鹸で手を洗わず自分の菌も参加させるのですから、作った本人が一番おいしいのは当たり前なのかも!

自家製味噌をたくさん作ると惜しげなく使える!

今回、米麹で5キロ、玄米麹で5キロ 合計10キロの味噌をドドーンと仕込みました!
玄米麹は発酵に時間がかかるので、あと1か月ほど先のお楽しみ。食べ比べが待ち遠しいです。

これだけたくさんあると、味噌漬け系の料理にも気軽にチャレンジできます。たっぷりの味噌を使って鶏むね肉を漬け込んでみましたが、旨味が増し増しで美味しかったです。

おにぎりに味噌を乗せる”焼きむすび”もいいかも!

天高く馬肥ゆる秋、
あぁ、この際!
ちまちま体重のことは気にせずに
自家製味噌で実りの秋をおいしく過ごしたいと思います!

では

味噌の仕込みの記事はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました