テレワークでお尻がイタタ…そんな時はバランスボール椅子がおすすめ!失敗しない選び方

おうち時間

自宅にはお気に入りの座りやすい椅子がある!
でもまさか、テレワークで1日中座ることになることは想定外で、想像以上に腰やお尻を痛め「でも新しく椅子を買うのもね…そうだ!バランスボールは?」と思われた人も多いのではないでしょうか?!

バランスボール椅子は想像以上にイイことずくめ!

大昔、ダイエットのためにバランスボールを買って、即押し入れ行きのあるある経験があるので、購入前は不安もありましたが、これが大当たりでした!

バランスボール椅子の良いところ

  • やわらかいので長時間座ってもお尻が痛くならない
  • なぜか自然と姿勢に気を付けるので腰が痛くならない
  • 足を組まなくなる
  • ときどきウエストのストレッチができる(くびれに期待大!かも?笑)

そんなバランスボールの購入時のおすすめポイントをご紹介します。
高価なものじゃなくても大丈夫!

バランスボール椅子
椅子で使う場合は座面の高さが重要  こうまるさんによる写真ACからの写真

ジムでストレッチをする場合は、少々サイズが小さくてもなんとかなりますよね。使う時間も30分~1時間くらいです。
対して椅子として使うテレワークでは、座面の高さをキープすることが重要!
1日中座るので、空気も抜けやすいです。
そのため一般的な適用サイズより大きめを買って、少し小さく膨らませることをおすすめします。

身長に対するおすすめのサイズ選び

  • 150cm以下 → 55cm
  • 150cm~165cm → 65cm
  • 165cm~185cm → 75cm

部屋や家具に合ったカラーを選ぶ

色とりどりのバランスボール
今はいろんな色のバランスボールがありますよー

いわゆるなバランスボールにしてしまうと、部屋がいわゆるな感じになっちゃいますよね(笑)
毎日長時間、目にするものなので、できるだけ部屋がスッキリ整っている方がモチベーションアップにもつながります。
そのためには、部屋や家具に合ったカラーや材質を選ぶことをおすすめします!

おすすめの配色・材質

  • 白系の部屋&家具 → 白、ベージュ、パール
  • 黒系の部屋&家具 → 黒、濃い赤や黄色
  • 木製の部屋&家具 → ブラウン、ベージュ、布製のカバー

空気入れは足で踏むタイプのものを選ぶ

足で踏むタイプの空気入れ
足で踏むタイプの空気入れ

バランスボールの空気入れは、主に足でポンプを踏むタイプと、手でポンプを抜き差しするタイプの2つがあります。
ストレッチで使う場合よりも空気を追加することが多いので、手動よりも力をかけずに使える足で踏むタイプがおすすめです。
購入時はぜひ、空気入れのタイプもチェックしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました